製品情報

製品情報

+

カルレッツ®

お問合せ

印 刷

エラストマーの弾力性とシール性、テフロンの耐薬品性と 熱安定性を併せ持った合成ゴムです。従来のフッ素ゴムでは使用が難しかったエーテル、有機溶剤、ケトン、エステル、アミン、酸化剤、燃料、酸、アルカリなどほとんどの薬品に対して安定性を示します。耐熱性は、従来のフッ素ゴムが230℃前後の温度から急激に弾性が失われるのに対して、カルレッツ®では300℃においても弾性を保つことができます。 化学薬品、石油精製、輸送用機器のみならず、原子力、エネルギー産業や航空宇宙産業などの広い分野で適用され、機械、装置のメンテナンスを削減などトータルメリットを引き出しています。また、近年は高温真空中でガス発生が少ないという特性を生かして、半導体製造装置や分析用機器にも広く応用されています。

カルレッツ®は、米国デュポン社の登録商標です。

特長

カルレッツ®パーフロロエラストマーは、米国デュポン社が開発したエラストマー材料です。このエラストマー材料は、テフロン®フッ素樹のもつ優れた耐薬品性、従来のフッ素ゴムを上回る耐熱性を有し、さらにゴムの持つ弾力性を兼ね備えた画期的な製品で、世界でデュポン社だけが製造・販売しています。その耐薬品性は、従来のフッ素ゴムでは使用が難しかったエーテル類、アミン類、ケトン類、酸化剤、有機溶剤、燃料、酸、アルカリなど、ほとんどの薬品に対し、安定性を示し、耐熱性(JIS K6301)などの圧縮永久ひずみ試験の結果に基づく)において、300℃近くの高温においてもゴムとしての物性を比較的保ちます。このため、例えばカルレッツ®部品を半導体製造装置用シール材に用いた場合では、シールの長寿命化、半導体製品の歩留まり向上、メンテナンスコストの減少、より低いコンタミネーション等が期待できます。  

製品仕様例

右のリンクによりDuPontTMのページがご覧頂けます。あわせてご参照下さい。
カルレッツeコマースサイトは以下となります。
http://eweb.ekkeagle.com/