企業情報

企業情報

History沿革

1964年10月 日本シールオール株式会社(現 イーグル工業株式会社)設立
1965年4月 埼玉事業場稼動開始
1969年5月 アトウッド・アンド・モリル社(現 ウィアーバルブ&コントロール社(米国))と電力業界向けバルブに関する技術提携契約を締結
1971年4月 岡山事業場稼動開始
1971年12月 ザ・ベンディックス社(現 グッドリッチ社(米国))とダイアフラムカップリングに関する技術提携契約を締結
1978年6月 商号をイーグル工業株式会社に改称
1978年10月 東京・名古屋・大阪・(現 各支店)広島各営業所を開設
1979年6月 EAGLE INDUSTRY TAIWAN Corporationを設立
1979年10月 神戸営業所(現 支店)を開設
1982年1月 東京証券取引所市場第二部へ上場
1985年4月 有漢精密株式会社(現 岡山イーグル株式会社)を設立
1987年10月 P.T. EAGLE INDUSTRY INDONESIAを設立
1987年12月 NOK株式会社及び瑞進通商(韓国)との合弁により、メカニカルシールの製造・販売を目的としたNOK EAGLE KOREA CO,LTD.(現 NEK Co., Ltd.)を設立
1988年4月 EG&G社(米国)との合弁により航空・宇宙産業向の金属ガスケット、シール等の製造を目的とするイーグルEG&Gエアロスペース株式会社(現 イーグル・エンジニアリング・エアロスペース株式会社)を設立
1988年9月 EAGLE INDUSTRY AUSTRALIA PTY. LTD.(現 EagleBurgmann Australasia Pty.Ltd.)を設立
1989年3月 メカニカルシール等の製造を目的としたイーグル工機株式会社を設立
1990年1月 水戸営業所(現 支店)を開設
1990年11月 メカニカルシール等の製造を目的とした島根イーグル株式会社を設立
1991年8月 ジムラックス社(ドイツ)に資本参加
1991年9月 東京証券取引所市場第一部へ上場
1993年12月 イーグルテクノ東日本株式会社を設立
1994年12月 イーグルテクノ西日本株式会社を設立
1995年4月 イーグルテクノ京浜株式会社を設立
イーグルテクノ東海株式会社を設立
1995年10月 横浜支店を開設
1996年2月 溶接金属ベローズ等の製造を目的としたイーグル精密株式会社を設立
1996年4月 イーグルテクノ大阪株式会社を設立
イーグルテクノ中国株式会社を設立
1996年9月 漁業養殖用機械の製造を目的としたイーグルロボ株式会社を設立(現 北海道イーグル株式会社 )
1997年4月 北関東出張所(現 支店)を開設
1998年4月 イーグル工機株式会社とイーグル精密株式会社が合併し、新潟イーグル株式会社(現 イーグルブルグマンジャパン株式会社)に改称
1998年6月 コントロールバルブ等の製造販売を目的とするEAGLE-WITZENMANN S.A.S.(現・EAGLE INDUSTRY FRANCE S.A.S.)を設立
1999年4月 イーグルテクノ仙台株式会社を設立
イーグルテクノ姫路株式会社を設立
2000年4月 英国CPI社と日本および台湾での独占販売契約を締結しCPI社製シール製品を販売開始
2000年6月 カルレッツO-リングのEコマースを開始
2001年4月 イーグルテクノ九州株式会社を設立
2002年4月 世界標準のポンプに装着できるカートリッジタイプのメカニカルシール「グローバルカートリッジシール」及び半導体・液晶業界向けの「磁性流体シール」の販売を開始
2002年8月 本社・埼玉事業場ISO14001取得
2002年9月 メカニカルシール、リードバルブ等の販売製造を目的とした伊格尓机械密封(無錫)有限公司 (中国)を設立
2002年10月 汎用シールにおいて世界トップクラスの耐圧性を有する「EA200シリーズ」の販売を開始
業界初「グローバルカートリッジシール」のeコマース開始
2003年4月 イーグルテクノ9社が合併し、イーグルテクノ株式会社として営業開始
2003年6月 舶用部門充実・強化のため、リグナムバイター株式会社の株式を取得し、100%子会社として営業開始
2004年1月 株式会社コベルコ・マリンエンジニアリングの株式を65% 取得
2004年4月 株式会社コベルコ・マリンエンジニアリングは、コベルコイーグル・マリンエンジニアリング株式会社に社名変更
2004年10月 イーグルテクノ株式会社は、イーグルブルグマンテクノ株式会社に社名変更
2005年1月 ブルグマン社(ドイツ)製品を日本国内で販売開始
2005年6月 航空宇宙事業部を設立し、イーグル・エンジニアリング・エアロスペース株式会社より航空宇宙事業を移管
2005年10月 一般産業機械業界向け事業において、ブルグマン社(ドイツ)との事業合弁契約(アライアンス)を締結
2007年11月 イーグルブルグマンジャパン株式会社はイーグルブルグマンテクノ株式会社を吸収合併
2009年3月 Eagle Seals Systems India Ltd.とBurgmann India Pvt. Ltd.を合併し、EagleBurgmann India Pvt. Ltd.に社名変更
2009年9月 東京支店と横浜支店を統合
2009年10月 広島イーグル株式会社を設立
2010年5月 コベルコイーグル・マリンエンジニアリング株式会社を100%子会社とし、KEMEL株式会社に社名変更
2010年7月 米国に半導体業界向け製品の製造・販売を目的としたEKK Semicon Components Inc.を設立
2012年4月 KEMEL株式会社を吸収合併し、KEMELカンパニーとして社内カンパニー化
2012年10月 NOK株式会社より、アキュムレーター・住宅設備向けバルブ品目の事業を譲受け
自動車トランスミッション用ソレノイドバルブの製造・販売を目的としたEKK Eagle Industry Mexico S.A. de C.V.を設立
2013年10月 リグナムバイター株式会社を吸収合併
ネオプト株式会社の事業を譲受け、ネオプトカンパニーとして社内カンパニー化