EKKテクノロジー

EKKテクノロジー

磁性流体シール Magnetic Fluid Seal

Magnetic Fluid Seal磁性流体シール

磁性流体応用技術

磁性流体シール
磁性流体
磁性流体シールの構造

「磁性流体」とは液体でありながら、磁石に吸い付く性質を持つ液体のことです。

磁性流体(MF:Magnetic fluid)は、

  1. 1.磁性微粒子
  2. 2.界面活性剤
  3. 3.ベースオイルを基本材料としたコロイド状態の流体です。
磁性流体真空シール
磁性流体真空シール

EKKフッ素系磁性流体では、自社調製した磁性微粒子、そして自社合成の界面活性剤、さらにNOKグループであるNOKクリューバー社(NKL)のフッ素オイルなどを使用しており、他社にはまねのできない研究開発を行っております。その結果の一つとして、高温(最大220℃)に耐えられる、高品質・高信頼の磁性流体を実現しました。

磁性流体を使用したシールは、回転軸と永久磁石の間に磁性流体を吸着させることにより、
「液体のOリング」を形成することで軸の密封を行います。
回転軸に対しては、液体による接触のため摩耗粉の発生はなく、潤滑液も必要ないことから半導体製造装置などのコンタミの許されない、クリーンな環境での使用が可能となっております。

密封が液体によって保持されているため、高真空シール等に用いる場合は「液体のOリング」を多段構成にして各段に圧力を分散させることで密封を保ちます。


磁性流体シールの概要