EKKテクノロジー

EKKテクノロジー

ベローズ Bellows

Bellowsベローズ

ベローズとは?

ベローズ(Bellows)とは、蛇腹を意味する英語です。機械分野においては、一般的に、蛇腹構造を持たせ、伸縮性や曲折性といった機能が付与された配管、継手等を指しています。

当社ではこのベローズ技術にも注力しており、メカニカルシールやコントロールバルブ等に応用しています。

ベローズの種類

成形ベローズ
成形ベローズ
成形ベローズ
特徴
平板からチューブに深絞りし、成形型にて内側から液圧を加えて ベローズとする製法。量産性があるので、自動車用部品に利用されています。
溶接ベローズ
溶接ベローズ
特徴
ディスク状薄板の内外系を溶接して製作されます。内外径が均一に制作でき、有効面積、ばね乗数のばらつきを小さく抑えることが可能です。溶接は、TIG・レーザー・電子ビーム等目的に応じて使い分けており、高品質を確保しております。

ベローズを応用した製品

金属ベローズ・アキュムレータ
金属ベローズ・アキュムレータ
金属ベローズを用いて、電子制御ブレーキシステムに採用されているガス透過ゼロのアキュムレーターを開発しており、ハイブリッド車用として世界で初めて採用されました。
コントロールバルブ
コントロールバルブ
カーエアコンコンプレッサに用いられるバルブにも、ベローズ技術が応用されております。ベローズのもつ伸縮性を生かし、コンプレッサ内部の圧力を感知する、イーグル工業独自の構造を実現しました。
LN2サーキュレータ <超電導用液体窒素循環装置>
LN2サーキュレータ <超電導用液体窒素循環装置>
  • 金属ベローズ溶接技術を応用した高温超電導用液体窒素循環装置の開発を行っております。
  • EKKで開発中のLN2サーキュレータは、独自設計のダブル金属ベローズ構造を採用してコンパクト化しています。
  • LN2中に浸漬するポンプ部に摺動部はなく長寿命で、往復運動制御により高効率かつ極少から大流量の安定した液体窒素の供給が可能です。
  • また、ロングシャフト可能で、LN2タンクのネック部長さ(断熱層厚さ)やタンク深さ等の設計自由度が高いことも特徴のひとつとなっております。
  • 過去に舶用超電導モータの冷却用LN2循環用として採用され、モータ運転試験時のLN2連続循環運転を経て、NK規格に合格しています。