製品情報

製品情報

+

チューブシールジョイント

お問合せ

印 刷

チューブシールジョイントは、弾性変化する球面形状の端部をもった高強度の精密成形メタリックシール(チューブシール)を使用したもので、シール径よりもわずかに小さい円筒形のボアに組み込まれ、ボアとシールの接触面で軸方向のスライド、角変位あるいはねじれに追随するものです。チューブシールは、シールの内側に小さな隙間を持たせて比較的肉厚のあるステンレスチューブのライナーを持った構造となっています。この隙間はチューブシールをフランジに組み込む際に、弾性変形ができる程度の大きさで、また一方、隙間がゼロになっても塑性変形を起こさない設計になっています。このシンプルな構造で軸方向変位や角変位に対応し、シール性を維持します。空気漏洩量はピストンリングタイプのものに比べ2桁程度低く押さえることができ、軸方向の取り付け誤差を吸収できることなど、航空機ダクトの新しい機能部品として活用されています。