当社の事業について

当社の事業について

API682 4th EdtionAPI682適合シリーズ

API 682は、ポンプ用メカニカルシールに関する初の独立した規格として1994年に制定されて以来、石油・ガス産業で広く認知されてきました。その後、三度の改訂を経て、2014年5月より第4版が運用されています。

API 682は、新設・改修される遠心ポンプや回転ポンプのメカニカルシールの選定、および使用における要求事項や推奨事項を規定しています。本規格の目的は、装置の信頼性を向上させてライフサイクルコストを下げると共に、装置からの漏洩・エミッションを低減し、地球環境を守ることにあります。

イーグルブルグマンは、メカニカルシールの世界的メーカーとして石油・ガス産業における信頼と実績を築いてきました。1994年のAPI 682初版発行以来、グループ全体で約30のモデルをAPI682適合メカニカルシールとしてリリースしています。

今般の第4版の運用より、その約1/3を占めるベローズシールをイーグルブルグマン・ジャパンモデルに統一し、API 682第4版用のグローバルスタンダード製品として採用することが決定されました。

これにより、一括製作と材料のグローバル調達による原価低減、設計および製造の柔軟な納期対応、経済的な価格設定に、より一層の効果が期待されます。今後もグループ一丸となって、シール技術および製造技術の向上、品質管理体制の拡充、並びにグローバル生産・販売体制の強化を図ってまいります。

  • API: American Petroleum Institute(アメリカ石油協会)の略

マルチスプリングシール

マルチスプリングシール
マルチスプリングシール
※ 拡大図

複数のコイルスプリングとOリングを採用した代表的なメカニカルシール形式で、シンプルでコンパクトな製品設計が可能です。しゅう動材とOリングの多様な材質組合せにより、様々な用途と広い範囲の運転条件をカバーします。

ベローズシール

ベローズシール
ベローズシール
※ 拡大図

金属溶接ベローズとグラフォイルパッキンを採用したメカニカルシールで、高温(~400℃)、高粘度、高スラリー濃度といった過酷な条件下でも安定した運転を実現します。当社のベローズは、特殊な形状によりバネ特性と追随性が優れています。長年培ってきた技術とノウハウを結集させた製品です。

API 682 適合メカニカルシールの性能と信頼性

API 682 適合メカニカルシールの性能と信頼性

API 682適合メカニカルシールは、25,000時間交換することなく使用できなければなりません。また、シール流体の漏れ量に関する規定値が設けられています。

シールメーカーに対しては、API 682認証試験による性能確認が義務付けられています。API 682認証試験では、定められた流体、温度および圧力条件下で動的試験、静的試験、さらに実運転での作動条件をシュミレートしたサイクル試験を実施します。

これらの試験でシール面の摩耗量、およびシール面からの漏れ量に関する基準をクリアしたメカニカルシールが、API 682適合メカニカルシールとしてリリースされます。なお、シールメーカーはAPI 682認証試験の「データシート」および「認証書」をユーザーに対して発行します。

API 682 適合メカニカルシールの適応分野

API 682 適合メカニカルシールの適応分野
API 682適合メカニカルシールの適応分野
  • 石油精製分野
  • 石油・ガス産業分野
  • 石油化学産業分野
  • 化学産業分野 など

API 682 適合メカニカルシールの特徴

特長
  • 一体型カートリッジ構造により、装置への組込みが容易かつ高精度で実現可能
  • API 682認証試験に裏付けされた性能と信頼性により、ライフサイクルコストの低減が可能
  • 装置の適応条件に沿って製品が分類化・標準化され、コストパフォーマンスに優れる

イーグルブルグマン 公式サイト

EagleBurgmann Rely on excellence
API682 The 4th edition is published

イーグルブルグマンの公式サイトでは、API 682第4版に関する最新情報を随時配信しています。

http://www.eagleburgmann.com