当社の事業について

当社の事業について

航空宇宙業界向け事業 For Aerospace Industry

For Aerospace Industry航空宇宙業界向け事業

国内唯一のロケット・航空機のエンジンシールメーカー
当社の航空宇宙業界向け事業は、主に航空機や宇宙ロケットのジェットエンジンに使用されるメカニカルシールの研究開発生産を手がけています。

ロケット・宇宙機器

ロケット・宇宙機器
(C)JAXA

ロケット、宇宙機器分野では1967年の日本の液体燃料ロケット用ポンプシール開発に始まり、Nロケット計画、Hロケット計画の全てにかかわり現在の主力ロケットH-2A, H-2Bにいたるまで国産ロケット開発の歴史は又、EKKのロケットエンジンシール開発の歴史そのものであります。

特に日本のロケットエンジンは液体水素、液体酸素を使用した究極のクリーンエンジンですが、この接触すれば爆発する燃料と酸化材を完璧にシールしエンジンの性能を出すシール技術は世界的にも高く評価されています。このため最近では、米国のスペースシャトル後継機エンジンJ2Xのシール開発に参加するなど世界的にも活躍の場が広がってきています。

このほか、国際宇宙ステーションの日本実験棟『きぼう』のアキュムレータ、国産人工衛星のバッテリー部品等高い信頼性を有する宇宙部品の開発にも積極的に取り組んでいます。又、宇宙部品に関する長い経験と豊富な知識を生かし、国産人工衛星の燃料タンク、バルブ類、スラスター類などの輸入販売を通じてもわが国の宇宙産業の発展に大きく貢献しています。

宇宙分野にて主に使用される機器
  • ロケット用ターボポンプシール
  • ロケット燃料タンクおよびエンジン配管用スタティックシール
  • 国際宇宙ステーション向けベローズアキュムレータ

航空機用エンジン

航空機用エンジン

航空機用エンジン向け製品は、1966年に開発した防衛庁のJ47エンジンのギアボックスシールを手始めに、T58、J79、JT8D、FJR710、F100などの主要国産エンジンのメインシャフトシールなど各種エンジンシール、KV107、C-1、F4EJ、YS-11、F-104、F-15、P-3Cなどの機体用シールなど、国内唯一の航空エンジンシールメーカーとして日本の航空宇宙産業の発展と共に歩んできました。最近では、国際的な民間航空機エンジン用のシール開発にも参画し専門技術集団として広く世界にその名前を知られています。技術的にもカーボンフェイスシール、セグメントシール、ブラシシール、リーフシール、アクチシール等世界に例を見ない幅広い商品群をもちシールのオールラウンドプレーヤーとして業界でも高い地位を占めています。

航空機分野にて主に使用される機器
  • メインシャフトシール
  • ギアボックスシール
  • ブラシシール
  • スタティックシール

主要製品

  • 液体ロケットターボポンプ用シール
    • 液体ロケット
      ターボポンプ用シール
  • 航空エンジン用メカニカルシール
    • 航空エンジン用
      メカニカルシール
  • ロケットエンジン用スタティックシール
    • ロケットエンジン用
      スタティックシール